News

島田真平(ガラス) × 山口友一(陶器) 二人展

島田真平(ガラス) × 山口友一(陶器) 二人展
5月16日(土)~5月31日(日) Flagship OKINAWA(1F ARENA内)

小代焼の山口友一とガラス作家の島田真平が初めてタッグを組んでの展覧会です。
鉄釉が醸す深い黒と繊細に流れるBLUEのコントラスト、輝くガラスの影と色のイリュージョン。
別の素材でありながらどこか共通のエッセンスを持ち、新しい表現を見出すため日々挑戦した作品を、ぜひご覧ください。

■島田真平(ガラス)

1996年 琉球ガラス作家佐久間正二もと氏のもとガラスを始める
1998年 富山ガラス造形研究所入学 ブライアン・パイ氏(米国)に師事
日本のガラス次世代展入選 2000年卒業
2001年 雲仙ビードロ美術館(長崎)にて制作開始
2003年 日本クラフト展入選
2004年 初個展 SHIMADA SHINPEI GLASS WORKS(島田美術館)
2006年 酸素バーナーを使ってパイレックスジュエリー制作開始(熊本)
2007年 島田美術館別館での制作開始 長崎県立美術館に作品収蔵
2014年 熊本市中央区に新たに工房を建て制作を再開
第32回くらしの工芸展 グランプリ熊日賞 受賞
2015年 ジ・ウザテラス(沖縄読谷村)室内オブジェ等制作
2016年 クアラルンプール伊勢丹 内装パーツ制作

■山口友一(陶器)

2008年 小代焼 一先窯 父 山口耕三に師事
2011年 熊本県内の窯元にて3年間修業
2014年 熊本県 くらしの工芸展 伝統工芸館賞受賞
2015年 熊本県伝統工芸館にて初個展
2017年 福岡岩田屋百貨店 THE GALLERYにて個展
熊本 くらしのうつわ 月まち にて個展
2019年 福岡のギャラリーや熊本の百貨店など
九州を中心に活動中

TO PAGE TOP