News

下田 昌克 コザ大恐竜博

下田展ポスターB3_入稿

 

恐竜への憧憬がライフワークとなりキャンバス生地で恐竜をつくり続ける画家、造形作家 下田昌克。
大人になった今も恐竜に大いなるロマンを感じている奇才だ。
下田昌克が描く恐竜に、詩人谷川俊太郎の言葉で綴られた『恐竜がいた』の世界が丸ごと沖縄・コザへ。
下田昌克さんが自ら制作したキャンバス地の恐竜たち、そして壁一面に描かれる恐竜ジャングルの絵画が、
作品に共鳴する詩人谷川俊太郎さんの言葉とともに展示されます。
また、展示会に先駆けてコザに一週間滞在した下田さん。
町で出会った人々の顔や風景など、この展示会のために描き下ろした新作も初展示されます。

 https://youtu.be/bd7M2ODVgyM

下田昌克:1967年生まれ。兵庫県神戸育ち。画家、アーティスト。
1994年から中国、チベット、ネパール、インド、ヨーロッパをめぐり、出会った人びとのポートレイトを描いて歩く。
帰国後、日本で本格的に絵の仕事を開始。
おもな著書に『PRIVATE WORLD』、『ヒマラヤの下 インドの上』、『そらのいろみずいろ』など。
2005年より月刊「文藝春秋」にて山崎豊子「運命の人」挿絵、
2010年よりTBS「ニュース23クロス」オープニング画を手がける。
恐竜作品シリーズに、 『恐竜人間』、谷川俊太郎氏による詩と絵の本『恐竜がいた』がある。

 

✖️オープニングイベント開催
12月9日(土) 16:00より 参加無料(展示会入場は¥500)
下田昌克氏によるライブペインティングや、
自由な音楽を表現する8人編成のフリージャズバンド「勢理客オーケストラ」との予測不可能な奇跡のセッション!

✖️下田さんと描こうワークショップ開催
12.9(土)・16(土)・23(土)
壁いっぱいに恐竜を描こう!
恐竜画家、下田さんと一緒に、壁いっぱいにのびのびと、大きな恐竜を描こう!
①14:00/②17:00 (約60〜90分)/小学生以下お一人様¥500(画材代込み)

12.10(日)・17(日)・24(日)
顔を描こう!
世界各地を旅しながら、いろんな国のたくさんの人々の顔を描いてきた下田さんとあなたの、
あるいは大切な人の顔を描こう。
約30〜40分/お一人様¥3,000(要予約)

 

下田昌克 コザ大恐竜博
日付:2017年12月9日(土)〜2018年1月14日(日)
※2018年1月1日は休館となります。ご了承下さい。
入場料:¥500(中学生以下無料)
会場・ご予約・お問い合わせ:3F/ライカムアンソロポロジー ✆098-933-1142

 

TO PAGE TOP