News

TEMPEI PIANO CONCERT

フライヤー案2_B5_入稿

ニューヨークと東京を拠点に世界を股にかけ活動するコンポーザ―/ピアニスト “中村 天平”沖縄公演決定!
ジャンルを卓越した逞しくも美しい独創的な楽曲を生み出す、ピアノ界の革命児、中村天平さんの沖縄公演が、ここアンソロポロジーで開催されることが決定しました!
「あべのハルカス」テーマ音楽の作曲や、「題名のない音楽会21」「僕らの音楽」など数々のメディアにも出演、紹介されてきました。
また自身のプロジェクトとして、東北の被災地にピアノを贈り届けるボランティア活動も継続中。
力強く、美しい演奏を、アンソロポロジーならではの近距離でお楽しみいただけます。乞うご期待!

2019年 11月23日(土)・24日(日)
開場 18:30 開演 19:00
ライカムアンソロポロジーにて開催
(プラザハウスショッピングセンター 3F)
前売(各日) ¥3,000 当日(各日) ¥3,500

チケットご予約・お問合せはライカムアンソロポロジーまで

中村天平
1980年7月19日神戸生まれ。5歳より音楽教育を受け始めるが、中学時代に阪神大震災で自宅が全壊。高校は半年で中退。家を出て解体業に従事しながら生計を立てる。中学から完全にピアノと離れていたが、音楽専門学校から大阪芸術大学演奏学科ピアノコースに進学、同コースを首席で卒業。国際的な音楽家を目指し、2006年よりニューヨークヘ留学。2008年にEMIよりCDデビュー。2010年にはニューヨークのカーネギーホール(ワイルリサイタル)でのデビューを果たす。毎年ヨーロッパ・ツアーも行っており、欧州各都市で演奏し、世界を股にかけ活動中。日本国内では世界遺産・熊野古道での「紀伊半島秘境コンサートツアー」も実施。2012年より、東日本震災復興支援として、被災地にピアノと音楽を届けるプロジェクト「ライジングサン」を続けており、兵庫県芸術家協会から奨励賞を授与。現在、ニューヨークと東京を拠点として活動中。朝日放送「東京タイマー2020」テーマ曲【栄光へのファンファーレ】を作曲。

各日のゲスト
23日(土) ヴァイオリニスト 中村 祐実子さん
5歳よりヴァイオリンを始める。第38回琉球新報音楽コンクール高校の部第1位受賞。沖縄県立芸術大学音楽学部音楽学科器楽専攻弦楽コース卒業。ソロ、室内楽、オーケストラ等の演奏活動に携わる他、アンビエント作曲業への振り幅も併せ持つ。昨年、DJ SASAとのコラボユニット「中村 祐実子with ちゅらさんぶる」でCD「かふう」をリリース。東京でのライブ活動も精力的に行う中で、沖縄音楽に対する新たなアプローチを投げかけており、今後ますますの活躍が期待されている。

24日(日) ドラマー LEONさん
幼少期は、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで育ち、帰国後、12歳からドラムを始める。14歳の時兄のバンド『LEQUIO』に参加、YAMAHA Teen’s Music Festivalでティーンズ大賞とオーディエンス賞をダブル受賞。16歳から米兵相手にライブハウスで“ハコバン”をこなし、事実上プロ活動をスタート。95年に渡米しM.I.ハリウッドでジョー ポーカロやレイ ルージアらを師事。帰国後8BALLを結成。04′『Sound of Drift』を発表しavex traxよりメジャーデビュー。14年SEX MACHINEGUNSに加入、現在は様々なアーティストのプロデュース、ライブやレコーディングなど、ジャンルを問わず国内外で活躍中。
クラシックからロックと、ジャンルを越えた2日間!
お楽しみに!

TO PAGE TOP